レーザー脱毛

レーザー脱毛

レーザー光をムダ毛に照射すると、毛根と毛乳頭にあるメラニンという色素にエネルギーが吸収されて、毛根そのものとその周りの毛を作っている毛母細胞が破壊されます。

毛母細胞を破壊することによって、毛の生えてくるメカニズムそのものの働きを止めることになります。その箇所からはその後毛が生えてくることがなくなり、結果として永久脱毛が可能となるのです。

 

このレーザー光は、正常な皮膚には反応しません。そのためにお肌のトラブルを起こすこともほとんどなく、敏感肌やニキビ肌、アトピー肌の方でも施術を受けることが可能だとされています。

 

レーザーの歴史

 

レーザー脱毛専用のレーザー光が開発されたきっかけは、シミやホクロ、アザのレーザー治療でした。
レーザー光を使ってシミ取り等の治療によってメラニン色素が破壊されると毛根部分も同時に破壊されて、その後は毛が生えてこなくなることから、脱毛用のレーザー光の研究が進んで、脱毛専用機器としてアメリカで開発されました。
開発された当初は、日本人を含む東洋人は欧米人に比べて皮膚の色が濃く、メラニン色素が多いため、欧米人に使用しているレーザー脱毛機器を使用すると、メラニン色素に吸収されるレーザーがより強く反応してしまうとされていました。
そのため欧米人用のレーザー機器で脱毛を行うと、トラブルを起こすケースが多いのが難点でしたが、最近は東洋人向けの新しいレーザー脱毛機器が開発されて、日本でも普及しています。